病死か自殺か分からんけど、その日まで生きる

病気が進行して死ぬ、もしくは自殺する、そのどちらかの日が来るまでの日記です。

日大板橋での誤診話の続き

前回投稿しました日大板橋病院での誤診ですが。

今の優秀な先生に出会うまで、日大板橋病院で難病を診てもらっていました。

どうも治らない、薬も変わらない。

おかしい。。。ということで何とか転院したんですけど。

転院先の今の担当医が、日大板橋のヤブの紹介状を見て言いました。

「なんだ、この治療は!君は今まで風邪薬しか飲んでなかったんだよ、けしからん」

これ本当に言いました。

私は肺の難病です。

まあ、普通の医者では難しかったのでしょう。

とはいっても大学病院ですよ、素人だったら、信じてしまうじゃないですか。

大学病院なんだからお任せしようって。

町医者ならいざしらず、大学病院の先生ですよ。

素人が疑うなんて。。。できませんでした。

いやできたから転院できたんだけど。

情報弱者のお年寄りとかが今もあのヤブ医者に頼っているのかもしれないと思うと気の毒です。

あのヤブ、死んでも許さない。

呪ってやる。

ていうか、まあ。

もうどうせそんなに長くないから、すぐ化けて出ることになるけど。

f:id:naminamichoko:20200606221011p:plain

前回に引き続き、また嫌なことを書いてしまった。

でも事実なんですよね。。。

チワワと旅に出たい。

医療ミスとか誤診とかって裁判に出来ないのかな?